バッドニュースはグッドニュース

GDPはグッドニュースもグッドニュースとなった、余りにも勝手だ。

株式相場はFRBを追認しないということなんだろう、「債券」と「株式」は逆相関が歴史では示していたが、株式市場は独立性を持ったようだ。

 

債券市場はFRBを信任している、これは今まで利益を頂いていたからだろう。

GDPの中身の解説は投資系ユーチューバーが頼りです、英語だしね。

言分けすると「寒くてやる気ない」、海は大荒れ。

 

長期のデータだと

2020年7月に今回のピークを付けて下落トレンドに入っている、管理人的には投資に値するタイミングはトレンドが転換する必要がある。

市場にお金が余っている限り、この相場は大底では無いはずだ。

仮に、慎重な投資家を置き去りにしたとしても「暴落の芽」が残る限り全力投資出来ない。

 

わび住まいの管理人も物価高騰で生活は苦しい、贅沢するわけも無いが買い物に行くと実感する。

各国中央銀行の高官。政府高官(西側陣営の括り)は完全に政策を間違えたようだ。

ストック市場は資金を投入すれば戻るだろうが、選挙民(一般的国民)の疲弊は戻ることない。

日銀を野放しにした政府自民党は次の選挙はボロ負けだろう。

西側の現政権は様変わりする必要はある、あたらしい秩序が生まれるまでね。

 

世界的に秩序崩壊している、「政治+お金」その真骨頂がダボス会議であろう。

高給エスコート〇〇〇が一晩3000ドルという事がネットでは噂になっている。

世界のお金持ちが年一回、仕事という名目で〇〇たい放題できる場所のようだ。

金も権力とも縁が無い年寄りの無駄口で勘弁してもらおう。

 

決算

テスラ

EPS:$1.19(市場予測:1.11)     7.28%

 

ボーイング

EPS:$-1.75(市場予測:0.20)     -961.26%

 

 IBM

EPS:$3.60(市場予測:3.61)     -0.31%


抜粋してUPしてます。

NASDAQの昨日一日の値動きは

ダウもSPも同様な動きです、安くなれば買われる。

貧民とお金持ちの二分経済の姿でしょう、人口比率では5対95で、お金の比率は逆で

95対5です。

このまま、この社会構成で持続可能なのだろうかと考えるがそれは貧民の考え方であろう。

お金持ちはそんな事は考えないし、必要もないのだ!

 

経済指標

刈込平均=トリム平均とも呼ばれ、一定割合よりも変動が激しかった品目を除いた平均値となる。


ほぼ自国で賄える豪州経済がインフレとは?

為替の影響かと見たが

半分納得です、世界一裕福な国です終業時間は16時で此処からが彼らの真骨頂の時間帯です。夕マヅメに十分に間に合いクルーザーで釣りに出かけるのだ。

夢のような国です、インフレが襲うなど有りえない。

そもそも世界と貿易が必要なのだろうか、それほどに資源はある。

 

豪中銀は2022年6月にコメントしている

オーストラリアのインフレ率は大幅に上昇している。インフレ率は他の多くの先進国よりも低いが、従来の予想よりも高い。新型コロナウイルスに関連したサプライチェーンの混乱やウクライナ戦争などの世界的な要因が、インフレ率上昇の原因の多くを占めている。しかし、国内要因も一役買っており、一部のセクターにおける生産能力の制約や労働市場の逼迫が物価上昇圧力に寄与している。また、今年発生した洪水も一部の物価に影響を及ぼしている。

インフレ率はさらに上昇する見通しだが、来年は2─3%の範囲に戻ることが予想される。電気・ガス料金の上昇と最近のガソリン価格の上昇により、短期的にはインフレ率は1カ月前の予想より高くなる可能性がある。世界的な供給サイドの問題が解決し、コモディティー(商品)価格が安定すれば、たとえ高水準であっても、インフレ率は鈍化すると予想される。本日の金利引き上げは、インフレ率が時間をかけて目標値に戻ることを支援するものだ。

オーストラリア経済は耐性があり。。。。

 

NZは人よりヒツジが多い、国も豊かで温暖です。

何をそんなに買うのか、より高級志向が芽生えたのかね。

人の欲は限りが無い。

 

資源国までインフレとなるには少し前に世界経済が目指した「グローバル経済」の中に組み込まれた結果であろう。

自立経済の国までインフレになる理由は他には無いだろう。

 

チャートを重ねられないのだが、先行指数が一致指数をデッドクロスした所だ。

米コンファレンスボードが出している景気指数は10月分まである

青線=景気先行指数

灰線=景気一致指数

コンファレンスボードの過去例からすれば日本の景気はリセッションという事だろう。

 

これを見るとイギリス経済はボロボロです、欧州は格差社会です超お金持ちが社会を牛耳っていてお金持ち優先社会です。

イギリスFTSE100株価チャートは

年金も医療も崩壊寸前なイギリスのインデックス株価はほぼ高値奪還してます。

ドイツ・フランスも同様です、これを見ているとインフレで苦しんでいる姿などありません。

世界の貧富の差は拡大し続けていたというのが事実でしょう、インフレなど気にもならない超お金持ちの姿です。

これが現実の姿だね!

これで終われば「神はお金持ちの見方なんだろう」

多分何かしらの鉄槌が下るはずです、それが何なのか・何時なのか・シナリオは?

 

個人の住宅ローン申請件数を指数化した指標です、固定金利・変動金利・新規購入・ローンの借り換えなど、申請数を指数化してあります。

どの様な申請なのか細かい中身は分かりません。

決算

ジョンソン・エンド・ジョンソン

EPS:$2.35(市場予測:2.24) 5.07%


インベスコ

EPS:$0.39(市場予測:0.36) 7.27%


スリーエム

EPS:$2.28(市場予測:2.37) -3.81%


ロッキードマーチン

EPS:$7.79(市場予測:7.37) 5.72%


ユニン・パシフィック

EPS:$2.67(市場予測:2.77) -3.72%


ベライゾン

EPS:$1.19(市場予測:1.19) 0.24%


テキサス・インスツルメント

EPS:$2.19(市場予測:2.03) 7.92%


マイクロソフト

EPS:$2.20(市場予測:2.31) -4.67%

 

 

 

 

 

 

 

 

経済指標

雪降ってます、それだけでない積もってます(気温零度は初めて)

ローギアで坂道を上るほどですから、車動かせません下りは谷底へと。。。。

亜熱帯の島に移住して十数年、アラレはありましたが雪は初めてです。

多分、温暖化(呆)

 

ドイツGfk消費者信頼感指数

 

経済指標

マージンデットは順調に減ってます

アメリカの景気減速は後に(数年後)に確定するのですから、現状を示しているのではないです。

このチャートだけで判断するなら景気は減速(リセッション)としてもよいです。

 

バランスシート最新

MBS最新

詐欺証券であったMBS(サプブライムショックの原因の)はFRBが買い支える事により詐欺罪の免罪符となったわけですが、FRBが満期まで保有してMBSが手を引く事は出来ないわけです。

残高は約2兆6000億ドルもあります。

撤退は不可能だが、今後の方針は必要だとカンザスシティー地区連銀のジョージ総裁は提言しています。

退任を控えて気になっていたMBSについてコメントしてます、よほど気になっていたのでしょう。

米FRB、MBS撤退早期を カンザスシティー連銀総裁が提言 | ロイター

 

******アメリカ景気先行指数

       

      米LEIの軌跡は景気後退の兆候を示し続けています

LEIとCEIのデッドクロスには至ってない。