FOMC議事録要旨

資産購入のテーパリング(段階的縮小)を巡る具体的な時期や規模に関する言及はありませんでした、次回のFOMCと8月のジャクソンホールのシンポジウム(世界の金融関係者が集まる)に課題を繋げるようだ。

 

FOMC関係者はアメリカのインフレに付いて態度を変えてないのだが、実際に市中のインフレがどのような状態になっているかFCI NYの久下香織子キャスターが伝えてます

youtu.be

 

******この他にも、

WTI原油価格がすんごいことになっているのですが、実情が分からずUP出来ませんでした。

OPECが減産していたのだが、これに合わせて先物を爆買いしていたCTA(商品投資顧問)に投機資金が集まって更に爆買いした結果です。

まずはOPECのチャートから

f:id:okoze2019:20210708125513j:plain

どえらく減産してます、この背景はアメリカのシェールオイル生産が急速には増産不可能という隙間をついてOPEC減産の効果で原油価格暴騰しているわけです。

 

アメリカのシェールオイルの井戸の寿命は数ケ月ほどしかあません。

岩盤を高圧水で破砕してヒビが入った隙間からオイルを取り出す方法なので、新しい井戸を破砕法で作らなくてはなりません。

急には増産できないのです、2020年に急減したオイル需要に合わせて、シェールオイル井戸の開発を中止してしまったツケが回っているということです。

 

******1671のETF株価は低迷してます

f:id:okoze2019:20210708131004j:plain

1671の原資産であるWTI原油価格のチャートは

f:id:okoze2019:20210708131234j:plain

上下を比較して見るとよくわかります、原因はWTI原油先物価格がコンタンゴになっているからなのです。

コンタンゴ先物価格が現在値より期先が高い状態。

期日が来た先物を売り、期日が先の(期先)の先物を買うと(安い現値を売り高い期先を買うということになる)

原資産のWTI原油価格上昇ほどETF価格が伸びないのです。

ETFを運用しているマネージャーの力量にも依存してしまうのです。

ということで、1671は投資妙味がありませんので、しっかりと忘れてました。

 

******アメリカ国民はバカ高いガソリンを使ってでも

国内旅行に出かける意気込みが凄い事になっているようです、その影響もあり新車需要に追い付かない自動車メーカーの影響で中古車の高騰が止まりません。

f:id:okoze2019:20210708132836j:plain

新車についてはニュースにあるように、チップの供給不足により減産必死の状態です。

当然、値引き販売も無くなりましたのでインフレに合わせて価格も上昇します。

 

アメリカのガソリン価格は1ガロン(3.78ℓ)3ドル2セントが中央値でした。

(約88円/ℓ)

過去3ドルを超えたのは2014年以前でしたから7年ぶりの価格です。

アメリカのインフレはFRBや政府が求めているのは2%のインフレ目標です、では何処までインフレが高騰したら利上げするのかという所ですが、FRBもハッキリとした目標値を持っていないのでしょう、市場に伝えてもないのです。

 

アメリカのインフレは一過性」としかコメントしてませんしね。

 

******アメリカ経済が復活するのに働き手の確保に問題があります

5月の米求人件数は921万人と過去最高の求人件数となりました、雇用された人数は

593万人の結果ですから、328万人の不足という結果でした。

コロナの影響でアメリカの労働市場は1000万人が職を失ったのです、これまで約6割強の職が回復したのですが、雇用のミスマッチを差し引くと半分ほどしか希望する職に就いてないという結果です。

 

OECD(経済協力開発機構)の報告は先進国で2200万人が職を失ったという事でした。

ワクチンが潤沢に供給されても2022年以降まで雇用回復に時間がかかるという。

 

******アメリカのコロナウイルスの状況

CDC(米疾病予防対策センター)の発表では新型コロナウイルスはデルタ株が主流になったとした(感染者全体の51%)

イギリス型の割合は28%まで低下した。

 

******バイデン大統領 挙動不審

www.youtube.com

 

バイデン大統領「何に署名しているのかわからない」

カマラ・ハリス副大統領「とにかくサインして」

f:id:okoze2019:20210708150431j:plain

削除されていて、見つからなかったのでUP出来ませんでした。

やっと探し出しました。

 悪意はありません、事実が大事です。